昇給ありなのでやる気に繋がる

やっぱり嬉しい昇給!

期間工といえば、さまざまな工場や作業現場、研究所などで活躍しています。「経済活動の現場を根底で支える存在」といっても過言ではないでしょう。自動車や設備機器メーカー、航空機産業などの現場で見かけることが多い期間工の中には、あえて期間工としての雇用形態にこだわるという人も少なくありません。一体、期間工で働くメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。それぞれの就業先の企業方針にもよりますので一概にいうことはできませんが、期間工にも昇給のチャンスがあるというのが大きなメリットといえるのかもしれません。昇給することで、当然ながら毎月の給料も増えることになり、モチベーションややりがいの向上に繋がります。

生産性向上や離職防止にも

ただ在籍を続けるだけで昇給する企業もあれば、スキルや技術の向上が認められることで昇給が実現するというところもあります。技術認定試験などと称する試験をクリアすることで正式に昇給するというシステムです。こうした取り組みで一定の緊張感を維持することができるというメリットもあるのではないでしょうか。期間工を雇用する企業にとっては、昇給によるコストアップがあっても、生産性向上や離職防止に繋がることが期待できます。ただでさえ人手不足が深刻な現場では、経験豊富な期間工の存在は必要不可欠といえるでしょう。非正規雇用となるため、正社員のようにボーナスや賞与、退職金などといった収入が見込めない期間工ですが、昇給が仕事に対するやる気の原動力になっています。