期間工のお金が貯まる仕事サイクル

家賃や光熱費がかからない

期間工は効率よくお金を貯めることができますが、その仕事サイクルでなぜ貯められるのかと言えば、家賃や光熱費などの出費がないというのも理由の一つです。期間工の多くが遠方から出稼ぎに来ていますので、当然のごとく企業も社員寮を用意しています。そこに入居してしまえばアパートの家賃などもかかりませんので、出費を浮かせることができその分貯金に回せます。寮費がかかる会社も少なくありませんが、割安で入居でき且つ食費も安いので、一般的なアパートを借りるよりは生活コストを低くすることが出来るのです。これにより期間工はお金が溜まりやすい仕事サイクルを送ることができています。もちろん浪費をせずに堅実に貯蓄をしているということが大前提です。

各種手当の存在も大きい

期間工が働く工場の場合には、増産体制に入っている時には残業が多くなります。残業代はきちんと支給されますので、これらの賃金もお金を貯められる要因に繋がっています。基本給の他に残業手当がつくことで、思いがけない支給額の増加につながることがあり、今まであまりお金を貯めることができなかった生活を送っていた方でも貯められる場合があります。契約期間を満了した場合には満了金としてお金が支給され、勤務態度が良好で無断欠勤や遅刻などがなかった場合にも、それらを評価した手当が支給されることもあります。各種手当や祝い金に満了金の存在も貯蓄を増やせる要因です。手っ取り早くお金をためる場合には、期間工として働くのも悪くはないでしょう。